読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植田茉莉子

育児と人形制作の日々

人形展

 先日、人形教室の生徒さんの二人展を見に行ってきた。すでに亡くなった方で、最後にお会いしたのは教室展の時で息子の妊娠前。その方が体調崩して教室に来てないと知ったのは私が教室復帰した後で病状がかなり進行していた頃だったと思う。

 私が人形教室に通いだした時、同じ曜日だった方だ。その頃は、マダム達(人形制作など多趣味でお孫さんやペットのお世話もしたりとパワフルな奥様方の通称)と人形制作に情熱を燃やしている若い人達がいた。私にとっては皆大先輩です。

そのマダムの1人で、いつも朗らかで私が至らない点をやんわりと注意してくれたり(相手を嫌な気持ちにさせない)お母さん的な方だった。とても活動的だったし、急な訃報で驚いた。寂しい。

そんな方の最後の展示。

 

 この人形展で感じた事は、娘さん達の存在にある。

多作な方だったので展示されていたお人形の数は個展並み、娘さん達はお人形は作らないので扱い方や展示の仕方、梱包など分からない事だらけだったと思う。

先生や親しかった生徒さんがお手伝いに行くと聞いていたので恐らく展示は先生主導だったかもしれない。お手伝いがあったとしてもかなりの大仕事だ。

展示でお会いした娘さん達はお母さんにどことなく似ていた。

 

 これからお人形達がどうなるのかは正直わからない。沢山の思いが込められたお人形だと思う。以前「可愛いと言ってくれる人が1人でもいてくれたらそれで十分」みたいなことを言っていた。どの人形も優しい雰囲気で可愛らしい。

 人形の世界はプロとアマが入り交じり、「好み」がものをいう。造形美の追求でもある。趣味の柔らかさもある。精神性のあらわれでもある。

作り手や持ち主に大切に飾られ、しまわれていたお人形達が外に出て展示される。

見て欲しい、売れて欲しい、大切にして欲しい。自分の至らない点がさらされる恐怖もある。いろんな思いがあるのです。

 お人形を作る時は必死で他の事は考えてない。余裕がないともいう。雑念なしで心地よい時間ともいえる。

人形という人のカタチをした存在には何かが残る。

意識の中に今までにはないモヤモヤが残った。このモヤモヤは一体一体作り上げて消化されていくものだと思う。

可愛くも不思議の国の住人で怖くもあるお人形達。

独特の趣味かもしれない、虜になったともいえる。

でも、どんなに手がかかろうと作りたいし好きなのだ。

そんな存在があるのだから幸せだといえる。

 

時代に合わない

 朝から洗濯機の脱水機能がおかしくなりまだ洗濯終わりません。脱水の段階で何度も止まってしまうので、1からやり直し。

お天気良いのに息子とお散歩に出る気力を無くしてしまいました。

そんなちょっとした上手くいかない事が刺激となり、自分が時代に合わないとか学校が嫌いだった事などを思い出してしまいました。

そのキッカケになった記事のURLのUPはしません。

学校の休み時間に本など読まずにみんなと遊ぶよう指導した先生の記事でした。

時代や学校になじめないというのは、同世代の友達と興味が合わないに繋がります。

そんな時は気になる本でも読んで自分の世界観を広げたり、訳の分からないモヤモヤを知りたいという欲求を満たしたいのです。

友達と遊び交流する事はコミュニケーション能力を高めるし健全かもしれない、先生の気持ちも分かるしイジメ対策になるのかもしれない。

でも根本解決にはならないのです。

ぼんやりとした違和感が大きくなると自分にこもってしまうな、良くないですね。

本だってなんだって、心の赴くままに楽しみたいし味わいたい。

私の学校嫌いをそろそろ克服しないとね、娘の入学前に。後2年しかなーい。

人形の手

 人形の手は重要なポイントの1つです。

手がイマイチだと可愛さがすこーし下がってしまうと思うのです。繊細でふっくらした指、小さい可愛らしい爪。

ところが原型で細く繊細に作ってしまうとビスクにした時縮むので、かなり細くて折れそうな手になってしまいます。細くて折れそうは良い意味ではありません。意図的にそう作るなら話は別ですが。 原型でふっくら作ったつもりでもビスクにするとびっくりするくらい小さくなるのです。

一応気をつけて作っているつもりでも、ヤスリがけや形を整える過程で細くなってしまう。

肉付けしては形を整える、この繰り返し。

難航していますが、頑張ります。

 

f:id:maturika1102:20170130003958j:image

 

そしてこの前教室で先生からアドバイス頂き、お顔も少しづつ完成へ向かっています。

後は体の受け部分の処理すれば型を作れる段階へ行けるかも。あと一息。

 

 f:id:maturika1102:20170130004346j:image

 

そして今日はお雛様飾りました。

子供達も大喜び、触りたくてたまらない様子でした。なので普段使わないお部屋に飾ってあります。

 f:id:maturika1102:20170131104722j:image

 

苦手を克服

友達といるのは楽しい、1人でいるのはもっと楽しいと思うことがある。

学生時代はずーっと友達といたかった。一人暮らしで寂しかったからだと思う。

今は小さい子供がいるせいか、お友達と会うのは1〜2時間くらいで十分と感じてしまう。

ばったり道端で挨拶し、ちょっと立ち話するくらいでもいい。もう少し話したかったと思うくらいが丁度いい。

もともと社交的なタイプではないから丸一日遊ぶとなると消極的になる。行くと楽しいのにね。何故だろう?不思議。

そんなに遊ぶことに貪欲なタイプではない。

どちらかというと本読んだり映画みたり可愛い雑貨みたりするのが好きだ。

同じ趣味か似た者同士ならいいけれど、たとえ気が合う相手でも趣味が似ているとは限らない。

 

子供を沢山遊ばせてあげたい。

この苦手意識をサラッと克服したいな。

お人形

 これまで妊娠期や産後のバタバタで集中して人形に取り組めていなかった。

もうそろそろ先へ進む気持ちがないといつまで経っても完成しない(泣)

産前から取り組んでいる原型、これからは週に2日は1時間でもいいから制作していこうと決めました。決めないと出来ないという情けない面がある私。

家事育児優先だとこのくらいが限界かと。

 

f:id:maturika1102:20170124193920j:image

 

今日はその一歩。週末の人形教室に向けて、原型のヤスリがけ。明日も頑張りたい。

 

マドモアゼルのお約束

 家事育児の合間に森茉莉さんの本を読んでいて「マドモアゼルルゥルゥ」を思い出し本棚(本置き場)を探していたら、「マドモアゼルのお約束」が目に飛び込んできた。

なんとなく今の自分に必要な気がして、息子がレールで大人しく遊んでいる最中、お昼寝中に半分ほど読んでみました。

自分のことで精一杯で心が小さくなりがちだった私には優しい言葉で喝を入れてもらう感覚。

シンプルに生きる、これは心もシンプルにという意味が強い。相手を尊重し、それは控えめであることに繋がる。

もちろん自分の意見をきちんと伝える事は必要だけど、相手への思いやりに欠けては独りよがりになるだけということ。

 

f:id:maturika1102:20170123124058j:image

f:id:maturika1102:20170123124105j:image

 

今日は天気もいいので公園で少し遊んだ息子、朝から始まる絵本よんでコールも出来るだけ応えたい。

張り切り過ぎず、自分のままで出来ることは精一杯。

 

バイオリン練習

 新年そうそう、グダグダ練習続きだったバイオリン。レッスン日もやはり集中出来ない、どう集中すればいいのか分からないみたい。しかも先生の前ではしゃいで舞い上がってしまうところがある。先生は出来るまで諦めない。娘は出来ないと思うと普段以上に動きがスローになりおどける。「くやしくないの?」と言われてもまだ響かない。自分は出来ると思っているようで、一応練習してるプライドもあるのでしょう。恐らく、練習の仕方が悪いのだ。

先生からは「出来るまで練習してください。ただ結果だけにとらわれず、出来るまでやろうとした過程もちゃんと評価して欲しい、そして出来たらご褒美システムにしてもいい」といった内容のアドバイスもらいました。

 

 

さすがに先日このままではダメだ、何かを変えなければと思い、鬼母になりました。

レッスン後、集中すること練習することについて厳しくキツい物言いで娘に話してきかせ、その後1時間以上ひたすらバイオリンを弾くこととなりました。最後に「よく頑張ったね」と抱きしめたら咽び泣いた娘。私も泣きそうになり、怒りと悲しみで苦しくなったけど、もうこの船からは降りられないと思いました。

今まで何度もお稽古中は集中することについて話し合いました。その時は「うん、わかった。がんばる。」と言ってもなかなか改善されなかったこと。私なりに娘が手がかりを掴み易いようにと工夫もしてきたつもりです。

 

私の中で母として何かが変わった1日となりました。今まで、穏やかに根気強くそして楽しくをモットーにしてきましたが、これからは毅然とした態度。可哀想と思うのではなくて、必要な厳しさ。甘える時間と甘えの無い時間。

何かを習得する場合、楽しいだけじゃない厳しさがある。でもその後に得られる達成感は次のステップに繋がりどんどん進歩していく。

そしていつかやっていて良かったと思えるように。

私も心を入れ替えました。

 

f:id:maturika1102:20170121222345j:image

写真は心を入れ替えた翌日の練習風景です。

娘は反抗することもありましたが、ダラけず出来るまでやり通しました。

練習終わったら褒めて褒めて褒めちぎる。