読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植田茉莉子

育児と人形制作の日々

可哀想という言葉

 

あるSNSで多くの人に読んで貰いたいと発信された記事。

f:id:maturika1102:20160825231505j:image

子供に対する可哀想という言葉。子連れで出歩く人は何度か経験あると思う。もちろん私も言われたことがある。たしかに目に余る場面もあるかもしれない、はたからみたら多少危険だったり理不尽だと感じる状況はあるでしょう。ただそこには経緯があり親子の間でいろんなやりとりをした結果なのだ。人目ばかり気にして育児はできない。それは努力だったり我慢だったり子供なりに親なりに経験を積んでいる最中なのだ。虐待は論外ですが。

私の身近にも可哀想を多用する方がいる、私より年輩なので指摘できないけど可哀想という言葉は不適切だと思う場面が多い。失礼かもしれないけど、上から目線で言いたいのかなと思うこともある。

この記事を読んでモヤモヤをかかえていたのは私だけじゃないんだと思って嬉しかった。