植田茉莉子

育児と人形制作の日々

制作と母子分離

 Twitterやっているとリツイートなどで保育園問題をよく見る。専業主婦でも一時保育のあり方や保育園活用に声をあげる人も増えてきたようだ。便利なのは十分承知しているが、私は一時保育を利用していない。

一時保育利用すれば人形制作も出来るし、お昼ご飯もゆっくり食べられる。1人の時間を満喫できるのにね。
それは幼稚園入園後でいいやと思ってしまった。それまでは自分のペースで子供達と一緒にいて出来る事をする。
ありがたいことに私はそんなにイライラしないのだ。子供達のことで大変とは思うし、たまにはイライラもする。バイオリンの練習で発狂しそうになることもあるけど気持ちの持って行き方を学んだのでどうにかなっている。

私の住む地域は認可保育園のみ一時保育がある。そして、決まりごとが多い。一時保育なのに、その生活スタイルに合わせるよう要求された。お昼寝は12時から、お昼ご飯は11時くらいから。普段の生活もそうしてくださいというのだから拒否反応。そんな決まりごと無視して預けてしまえばいいのにと思うかもしれないが、どうにも受け入れられなかった。もっとゆるくていいじゃん、小学校じゃないんだし。

そう思ったが最後、保育園は園庭開放のみ利用させてもらうことにした。

必要ないと分かっているならいいじゃん、わざわざ否定的なことを書くなんてと思うだろう。

でもここでしか書けない。そう思ってしまった。

そして一番の理由は母子分離、私には辛いことなのです。離れたくないの。常に一緒に遊ぶのは無理。でも目の届く範囲にいて欲しい。

人形教室で丸一日いないとしても、夫が家で子供達と居てくれるから安心して離れられるのです。保育士さんを信用してないわけではない。むしろプロ。でもそういう問題じゃあない。

 

子供と離れることは私には課題、過保護ともいう。息子は2歳でプレが始まる。週1だけだけど。不安もある。楽しみでもある。

楽しみな理由は制作時間がとれること。

プレは慣れたら親はついていかないのだ。

子供との距離の持ち方を少しづつ学んでいく。

息子を園バスに乗せる日も遠くない。