植田茉莉子

育児と人形制作の日々

幼稚園の面談

今日は娘の面談でした。

 娘が考えてることの大半は楽しい遊びがしたい、だと思います。

それでも、昨年より娘は成長しております。

自我の芽生え、自分の気持ちを相手に分かるように伝える。遊びたい気持ちは同じでも、お砂場で遊びたい子、滑り台をしたい子様々。

一緒に遊びたいお友達が娘がしたい遊びをその時したいとは限らない。

相手の気持ちを知ること。強引に誘うだけじゃだめ。そして、ただ嫌がるだけでもだめ。一言付け加えること。

 

娘は色んなお友達と遊べる子だそうです。嬉しいお言葉。

そして、何をするにも意欲的でムードメーカーらしいのです。これも嬉しいお言葉。

ただ1つ気になったのは、家での出来事やお出かけした場所の話などベラベラしゃべってるらしいのです。恥ずかしい、あー恥ずかしい。

人の目が気にならないお年頃の子供、何を言ってることやら恐ろしい。

 

とはいえ担任の先生はベテラン。いつも朗らかだけど言うことはビシッと言う先生。私も安心してお任せしています。