植田茉莉子

育児と人形制作の日々

星占い

 twitterで知ったのですが、vogueのしいたけさんってご存知ですか?

ちなみに私は蠍座です。

https://voguegirl.jp/horoscope/shitake2017-h2/contents/08scopio/#!/0/0

 

私は星占いは信じないタチです。

だって同じ時期に生まれた人と同じ運勢ってアバウト過ぎて全く信じる気持ちになれなかったから。

占いは好きでタロットや手相には興味津々。

機会があれば占って欲しいなと思う程度なのですが。

 

しかし、このしいたけさん。

今の私の心情にピッタリで、一気に読みました。

そうなのです。

私とは若干ニュワンス違うかなという点はありますが、この通りです。

怖いですね。

 興味のある方はご自身の星座を見て下さい。

 

情報

twitterInstagramでお人形の情報や作家さんの情報を入手している。

今までの私には人形教室からの情報しか無く、それで満足だった。

情報は多いほどいいと思う時と少ない方が豊かに暮らせると思う時とあるけれど、人形に関しては多い方がいい。

私の知識が少ないということだ。

それは本当で、こんなに人形大好き大好きと言っている割に、作家さんの作品も実物見ている割合は低い。

材料の知識も乏しい。これは作っている数に比例して材料の知識は付いてくるかなとも思う。

歴史も知らない。

思えば美大はカリキュラムに含まれていたから自然と得るものが多かった。

併設の図書館で詳しい資料もすぐ手に入った。

 

今はネット頼り。

ちょっと寂しい。

昼食後の子供達のテレビタイムにぼんやりしながら、書いてます。

 

 

 

 

エリートへの憧れ

 姪っ子ちゃんが大学受験、時の流れは早いものです。私が夫と結婚したころはまだ小学6年生でした。

子供から大人になっていく様子を見せてもらっている気持ち。

姪っ子ちゃんは努力家で優秀な子なので志望校合格に向けて日々頑張っています。さすがに夏は余裕無しとのことで会えませんでした。

 

我が家でもちょいちょい中受の話は出ています。進学校には行かせるつもりのようです。

私もそれでいいと思っています。

子供の努力と能力とマッチする学校を目指すことが出来たらいいな。

 

なーんて、悠長な事言っていられないのが東京の受験事情な気はするのですが、恐らく幼稚園受験から色々始まっている気がしなくもないですが、ギリギリまで伸び伸び、後はダッシュで行けたらな。

 

そんな中、直島に住む仲良しの友からLINEで送られてくる子供達の様子をみるといいなぁと思うのです。

手入れされていない開放感ある広いお庭で全裸で遊ぶ子供達、伸び伸びとキラキラしている。

裸足で庭に飛び降りて行く様子が目に浮かぶよう。

子供は遊ぶのが仕事だし遊びの天才。我が子達も伸び伸びスクスク育っていますが。

 

話を戻して。

レベル高くて良い学校に入れたらそれはもう嬉しいでしょう。ただ、そのために子供達が費やす時間と労力は計り知れない。

学ぶことの面白さを知るため?可能性を広げるため?お金持ちになるため?エリートへの憧れ?

 

デッサンで学んだのはバランス感覚です。

全て描き込んでもうるさくなる、視線の流れを作ること。何が描きたいか何を描きたいか、伝わるように。

そのためには背景をどうするか、私の1番苦手とするところでした。

今でも苦手だ。

生き方とデッサン力については良く語られます。私は何を分かっているのだろう。

ぼんやりとぐるぐると頭を悩ませる。

きっと自分のことじゃないから分からないのだ。

分からないなら分からないなりに、私がたっぷり学んできた観察をするしかないように思います。我が子の観察。

ちょっとおかしいなと思ったら軌道修正する客観性。助け舟をだせるかしら。

 

姪っ子ちゃんの受験の話は、昔の昔の緊迫感を思い出させてくれます。我が子達にもやってくるあの緊張と恐怖。

人生はまだまだ山あり谷あり。

 

自分のやりたい事をやり生活も回っていて、大きな不安がないというのは幸せなことだ。

なかなか手に入らない。

 

 

 

 

 

家と夫

家とはなんぞや。

家とは居心地のいい場所、家族が集う場所。

 

という話ではなく家問題。

我が家ではこの話題になると夫と話が噛み合わない。

 

先日、この人は私を理解していないとはっきり分かった発言があった。

夫が私に「そんなに立派な家に住みたいの?」と言ったのだ。

今住んでいるこの家は結婚前に夫と祖母が共同で購入したものだ、夫が多く出しているので夫の家のようになっている。

娘が生まれて住み始めるまでは人に貸していた。なので古いしそこそこ傷んでいます。

引っ越してきて以来、夫はこの家に長く住むつもりは無いと言い続けてきた。

なので私も引っ越すものと思い込んでいた。

ただ、私にだってどんな家に住みたいか条件がある。

まず、広さ。新居を勝手に決めてこられると困るのでちょいちょい希望を言っていたのです。

まずは自分のアトリエスペースが欲しいのです。そして窯の設置、出来れば外で屋根がある場所。娘がバイオリン習っているので音の問題もある。運転苦手でなので狭い道ばかりの所は嫌だ。後、閉塞感のある空間が苦手。

などなど。

 

 こんな事ばかり言うので、夫はイメージしたのでしょう。ビスクドールが似合う立派な広い家を。

 

いやいや、そんなつもりは無いのです。

アトリエ、作業部屋、汚れても惜しく無い。

広さは譲れないポイントですが。

 

私は有閑マダムになりたいわけでは無い、職人までいかなくとも、人形作りになりたいのです。

 

夫は、私の中にある根本的な欲求を理解していないのだなとはっきり分かったので説明しておきました。

分かったのかは不明、でも言いたいことは言った。

 

 

 

お酒

私はお酒が好きで特に赤ワインはついつい飲みすぎてしまう。週末、子供達の寝かしつけを夫に託し、たっぷり飲む。平日は缶ビールを飲む事もある。
そんな生活をしていたら健康診断で注意されました。
ちょうど夏風邪でお酒はかなり控えめ、その流れで飲まなくなりました。
子供達も夏休みに入り、体力的にアルコール入れる余裕が無いというのが正直なところ。


体力低下?老化?
あんなに大好きで楽しみにしていた晩酌をあっさり辞めた自分に驚いています。

とはいえ夏はやっぱりビール、気分だけ楽しみたくてノンアル買ってみました。
ノンアル良いです、ありがたい存在。
甘味料の入って無いものの方がビールに近いかなと思いました。

 

もう少し上手にお酒と付き合いたい。

ワインだけじゃ無く、大好きなシングルモルトスコッチウイスキーも楽しみたい。

週末軽く1〜3杯、美味しいおつまみと共に。

 

 

お気に入り

自分の物を買う時、使い勝手とデザインと価格と総合評価で決めます。

子育て始まってから一目惚れで買うことが殆ど無くなりました。

たまーに娘の服を衝動買いしたことはあります。

 

そんな中、一目惚れで購入したもの。

私の変化。

散財とも言える。

でも無駄とはちっとも思いません。

 

 

f:id:maturika1102:20170812173820p:image

f:id:maturika1102:20170812173753j:image

 

どちらもヘアアクセサリー、上のは私の髪ゴムで下のはお人形のもの。

どちらも和の物、好きだなぁ。

 

ビスク

ビスクは難しいですね〜(*´-`)

本焼き終わりビスクになった段階で大きいパーツが潰れていたり、部分的に薄くなっていたパーツもありました。薄くなっていた部分は光が透けて見えるくらいでした。

問題は色々あります。

大きくなると失敗も増えるし、自分の判断も間違えていたり。

今日は鋳込みやり直し4パーツ。

 

型の扱い、スリップの扱い、型から取る場合焦らない事などなど、失敗から学ぶ事多し。

 

そして、どの窯買うかもだいたい決まりました。

私の人形人生、たぶん人形好きで好きでたまらなかった子供の頃から始まっていますが、制作側になり更に充実してきました。

 

完成はまだまだ 。