植田茉莉子

育児と人形制作の日々

マドモアゼルのお約束

 家事育児の合間に森茉莉さんの本を読んでいて「マドモアゼルルゥルゥ」を思い出し本棚(本置き場)を探していたら、「マドモアゼルのお約束」が目に飛び込んできた。

なんとなく今の自分に必要な気がして、息子がレールで大人しく遊んでいる最中、お昼寝中に半分ほど読んでみました。

自分のことで精一杯で心が小さくなりがちだった私には優しい言葉で喝を入れてもらう感覚。

シンプルに生きる、これは心もシンプルにという意味が強い。相手を尊重し、それは控えめであることに繋がる。

もちろん自分の意見をきちんと伝える事は必要だけど、相手への思いやりに欠けては独りよがりになるだけということ。

 

f:id:maturika1102:20170123124058j:image

f:id:maturika1102:20170123124105j:image

 

今日は天気もいいので公園で少し遊んだ息子、朝から始まる絵本よんでコールも出来るだけ応えたい。

張り切り過ぎず、自分のままで出来ることは精一杯。

 

バイオリン練習

 新年そうそう、グダグダ練習続きだったバイオリン。レッスン日もやはり集中出来ない、どう集中すればいいのか分からないみたい。しかも先生の前ではしゃいで舞い上がってしまうところがある。先生は出来るまで諦めない。娘は出来ないと思うと普段以上に動きがスローになりおどける。「くやしくないの?」と言われてもまだ響かない。自分は出来ると思っているようで、一応練習してるプライドもあるのでしょう。恐らく、練習の仕方が悪いのだ。

先生からは「出来るまで練習してください。ただ結果だけにとらわれず、出来るまでやろうとした過程もちゃんと評価して欲しい、そして出来たらご褒美システムにしてもいい」といった内容のアドバイスもらいました。

 

 

さすがに先日このままではダメだ、何かを変えなければと思い、鬼母になりました。

レッスン後、集中すること練習することについて厳しくキツい物言いで娘に話してきかせ、その後1時間以上ひたすらバイオリンを弾くこととなりました。最後に「よく頑張ったね」と抱きしめたら咽び泣いた娘。私も泣きそうになり、怒りと悲しみで苦しくなったけど、もうこの船からは降りられないと思いました。

今まで何度もお稽古中は集中することについて話し合いました。その時は「うん、わかった。がんばる。」と言ってもなかなか改善されなかったこと。私なりに娘が手がかりを掴み易いようにと工夫もしてきたつもりです。

 

私の中で母として何かが変わった1日となりました。今まで、穏やかに根気強くそして楽しくをモットーにしてきましたが、これからは毅然とした態度。可哀想と思うのではなくて、必要な厳しさ。甘える時間と甘えの無い時間。

何かを習得する場合、楽しいだけじゃない厳しさがある。でもその後に得られる達成感は次のステップに繋がりどんどん進歩していく。

そしていつかやっていて良かったと思えるように。

私も心を入れ替えました。

 

f:id:maturika1102:20170121222345j:image

写真は心を入れ替えた翌日の練習風景です。

娘は反抗することもありましたが、ダラけず出来るまでやり通しました。

練習終わったら褒めて褒めて褒めちぎる。

 

 

カルテット

 昨日1月17日火曜日22時〜放送始まったドラマ「カルテット」1話観ました。

大好きな松たか子さん、久しぶりの主演ドラマ楽しみにしていました。

一言でいえば好みのドラマです。あの淡々と進んでいく感じ、演出もいい。可愛さは最小限で華美でもないのにエレガントなのはキャストがいいからですかね?

そして、それぞれのキャラクター設定が明確でユニーク、セリフもありきたりな言い回しで退屈することもありません。何よりキャストが良いですよね、豪華。

そして皆さん声がまたいいんです。

今後の展開も楽しみ。

 

 

睡魔

 3学期が始まり1週間経ちました。

今日は特に眠くて眠くて仕方ない。娘は幼稚園バス1回さんなので8時には家を出ます。

私は6時過ぎに起床、そしてお弁当のある日は朝からバタバタ。

今週は歯科検診に始まり幼稚園の面談と体育参観があります。

私1人で行動するならともかく、イヤイヤ期に突入した息子(1歳9ヶ月)を連れ歩くのは結構しんどいです。

息子の冒険心は尊重したい、でも時間の関係で抱っこして無理やりというのもあります。

こうなるとイヤイヤ期の息子は「ギャー」とか「いがない〜」「ガォー」などドスの効いた言い方したり唸るように言ったりします。

一応セットしたはずの髪型も気づいたらボサボサだったり、目的地に着く頃ふと自分の姿を見ると「あれ?化粧もう崩れてる?」となったり。

今日は夕方から瞼重い。

こんな日は無理せずに。

お茶飲みながら愚痴ってしまいました。

 

 

愛読書

 自分のために使う時間は大切。

敬愛する森茉莉さん、生粋のお嬢様で毒舌で自己愛が強いのに客観的で鋭く文才がある。純文学からゴシップまでと多才です。

お茶と電子辞書と本、育児の合間の楽しみです。

「紅茶と薔薇の日々」の帯は息子に破り取られてしまいました。

 

 f:id:maturika1102:20170116201621j:image

幼稚園弁当

 年少さんの娘、少食でしたが最近よく食べるようになりお弁当の量も増えました。

給食もしっかり食べているようです。家では嫌がって飲まない牛乳も幼稚園では飲むようなので嬉しい限りです。

その反面、離乳食の頃から良く食べる息子。お気に入りの食べ物は「もっともーっと」とおねだりするのが可愛い。

 

2学期のお弁当写真です。

 

f:id:maturika1102:20170116181649j:image

 

これから夕食、冷まし中。

服は定価で買う派

 今日は洋服を購入しました。もちろん、冬物セールが始まったから。ビーズやレースが、少しついているお洒落着で幼稚園の面談などにいいかなと思って選びました。

以前は気に入っているブランドの服や靴を定価で購入しSALEの時も行く私でしたが、今や定価で購入は余程安価なもの以外考えられません。またはディスカウントしないもの。

つい先日、私もたまに買うブランドがあり欲しいのがないかネットで探していたらある方のブログを見つけチラッと覗いたら服は定価で買う派という内容を発見しハッとしました。

自慢している雰囲気は特に無く、ただしっかりとお仕事もされていて余裕はあるのかもしれません。なんとなく忘れていた感覚だったので。

近頃は損得勘定や実用ばかりに目が行くためか、新鮮な驚きでした。

そのブログがファッションブログだったらそこまで気にならなかったけれど、考え方や価値観が面白く興味深かったので気になりました。

ちなみに買ったのはこの2着、手洗いなところが辛いですがたまには頑張ろう。

 

f:id:maturika1102:20170116161527j:image